オフィス内装工事

KOAの社員の皆様が1年ほど構想を練られた、こだわりの素晴らしいオフィス!
弊社では、クロス(壁)張り、カーペット張り等の内装工事をさせて頂きました。

今回は、KOA様 新社屋の一部を紹介させていただきます。
「明日もまた行きたくなる会社」を念頭に、リモートワークやフリーアドレスエリア・リフレッシュスペースなどを大幅に採用されています。

収納棚等を低く設置し、広々とした空間に。
各部署の風通しも良くなり、快適に仕事に取り組んでいらっしゃいます。

ペット網戸・クロス・カーペット貼り替え

とっても愛らしく人懐こい銀ちゃん(黒猫)。
2021年11月のわんにゃんイベントにいらしていた施主様から、爪とぎで壁紙クロスがボロボロになったところを直したいとご相談がありました。

銀ちゃんは賢く、部屋のドアを開けて家から逃げてしまった事もあったのと、網戸の交換時期も重なった為、家中の網戸をペット網戸に張替えすることになりました。

ペット網戸は、通常の網戸より破れにくい、ズレにくい樹脂でコーティングしているため、ペットがツメで引っ掻いても、破れにくく、網目がズレにくい構造です。
ペットに優しい樹脂でコーティングしているため、ツメが引っかかりにくく、ペットにも安心です。

2階の1室は、カーペット(川島織物セルコン Unit Rug ユニットラグ)を7SET敷いています。とっても柔らかく気持ちいい肌触りです。
ニャンとも臭ワン機能により、ペット等の消臭にも役立ち、洗える&防音効果もある、施主様にもペットにもとても優しいカーペット。
気軽に敷きこみカッターで切れて、接着剤を使わないので気軽にカーペットのお部屋ができるのもおすすめポイントです!

家中のクロス張替えもしたので、全体的に明るい雰囲気になりました.

工期6日

農作業小屋からおしゃれなガレージへ変身!

長期間放置している農作業小屋を、おしゃれなガレージにしたいとご相談を受けました。

シャッターやガラスは取替え、外壁、柱・屋根の塗装を施してなるべく予算を抑え、古くなった道具や荷物等の整理も行い広々とした空間に。

草木が生い茂りとても近づきにくい状況でしたが、庭の草木伐採、除草後に砂利を敷き詰め、コンクリートをし駐車スペースに。
海をイメージするような、濃いブルーに真っ白なシャッターが、目を引きます。
車をとめても十分なスペースが取れるのでお気に入りの愛車を眺めたり、友人を招いてパーティをしたり、庭でバーベキューをしたり・・・
車やバイク好きのご主人のために作業空間とくつろぎのスペースの両方を確保し、
ご主人はもちろん奥様も一緒に楽しめるガレージに生まれ変わりました。

工期1か月

インテリアショップホバート営業再開のおしらせ

お客様 各位

平素よりインテリアショップホバートをご愛顧いただきまして、厚く御礼申し上げます。

この度は、ホバートに勤務する従業員1名に、新型コロナウイルス感染の陽性が判明し、
お客様には多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

米子保健所の見解では濃厚接触者の該当はないとのことでしたが、会社の対応といたしまして、
店舗内の全面消毒の実施、ならびに全職員のPCR検査を実施いたしました。結果はすべて
陰性で、陽性者は確認されませんでした。以上の結果を踏まえて、米子保健所と協議を行い
1月28日(金)より営業を再開することとなりました。

今後も、お客様と従業員の安全確保を最優先とするため、マスク着用、手洗い、店内消毒、
換気等を徹底し拡大防止に引き続き取り組んでまいります。なにとぞ、ご理解賜りますよう
お願い申し上げます。

令和4年1月27日

株式会社備中屋本店 インテリアショップホバート
代表取締役 上森 英史

新しい家族が増えたのをきっかけに

ご家族が増えられたので、大規模リフォームをされることに。

キッチン

キッチンの吊戸棚を取り払い、
広々とした空間にペンダントライトを設置。
カウンターも取り付けました!

全体的にホワイトカラーで統一。
システムキッチンには、
食洗器もついて食事の後片付けがらくちん!家事時間の短縮に!!


 

リビング

 
玄関からリビングへのドアはホワイトで。
お部屋に合わせて色や形が様々な種類から選べます。

リビングの壁紙のホワイトとアクセントカラーのグレーが、
奥様のお好きなドライフラワーに合うおしゃれな雰囲気になりました。

夜、カウンター上のライトに照らされたダイニングキッチンは、
カフェやバーにお出かけしているかのような、
素敵な空間に生まれ変わりました!!


 

寝室

キッチン側から見たリビングと繋がっていた和室
和室から洋間の寝室に
 
リビング横の和室を洋室に変え、ご夫婦の寝室に。
リビングとの仕切りであった襖(ふすま)も取り払い、壁にしてドアを付け完全個室に!

壁は磁石がくっつくように加工されており、
壁を傷めずに大切なプリントなどをはっておいたり、
子どもさんの作品などを展示したりetc.
いろいろと遊べる壁になりました!

床は奥様こだわりのヘリンボーンで。
職人さんが一枚一枚丁寧に仕上げてくれています。

押し入れ
大きなクローゼット収納
 

以前は和室の押し入れに洋服などを収納されていたので、
奥の物の出し入れが大変でしたが、
大きなクローゼット収納にされ見た目もスッキリ、
洋服もたくさん掛ける事ができるようになりました。

窓は、二重窓のインプラスに。
エアコンの効きも良くなって夏は涼しく、冬はあったかく過ごせます。

 


 

トイレ

トイレは、タンクレスで見た目スッキリ。
掃除もらくに。
タンク上に比べて、別置きの手洗い器なら、
家族みんながラクな姿勢で使えて、
しっかり手が洗えるようになりました。

おうち時間が増えた今、快適にお家で過ごされています。

小さな修理から、
おうちのリフォームまで、
お客様のご要望にお応えできるよう
お手伝いします。
お気軽にご相談ください。

新型コロナウイルス感染者発生のお知らせ

お客様 各位
平素より、インテリアショップホバートをご愛顧いただきまして厚く御礼申し上げます。
1月22日(土)、ホバートに勤務する従業員1名が、コロナウィルスに感染していることが判明いたしました。
感染拡大を防止するため、米子保健所等と連携いたしまして、
下記の期間、インテリアショップホバートを臨時休業とさせていただきます。 
お客様におかれましては、多大なご迷惑とご心配をおかけいたしますが、
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【休業期間】 2022年1月23日(日)~1月27日(木)

 
令和4年1月22日

株式会社備中屋本店 インテリアショップホバート
代表取締役 上森英史

2ウェイに対応できる和室

タタミコーナー(和室)新設

洋室を和室にリフォーム

LDK隣接の洋室の壁を取り除き、和室にリフォームしました。

お客様の一番のご要望は
【シーン1:LDKとつながった開放感ある畳コーナー】
【シーン2:LDKの間仕切りに建具をはめ込めば独立した個室に変更できる】
2ウェイに対応できる和室にすることでした。

LDK隣接の洋室の壁
和室 仕切り時
和室 仏壇
個室時内側
ブラウンを挿し色に壁紙やプリーツスクリーン、座布団の小物も決めていきました。
普段は開け放していますが、LDKに接する2面へ建具をはめ込めば、プライベートな小部屋に早変わり。
お泊まりでの来客にも対応できます。

洋室にあった神棚と仏壇も、和のしつらえのお部屋ができたことで、定位置がきまりしっくり空間に溶け込みます。

 

洋室リフォーム

物置部屋
寝室

物置部屋を寝室へリフォーム

寝室だった部屋をLDK続き間の和室にしたため、物置部屋へ寝室を移動することに。
奥様のお好みは《バリ風》とのことで、「落ち着いた大人のナチュラル感」がテーマです。
床とアクセントクロスやカーテンは濃淡に変化を加えながらブラウン色に統一しました。

ベッドはウォールナット色をご提案。
ドリームベッドのシックな木目フレームの商品でコーディネートしています。
きれいになった寝室と上質なマットレスのベッドで暮らしの質も、睡眠の質も高まり一石二鳥のリフォームです。

和洋折衷・広々としたリビングで家族団らん

和モダンをテーマに模様替え

Before01
After01
Before01
After01
Before01
After01
仏壇・床の間もある8帖と6帖、2間続きの和室をつなげて
広々と使えるリビングにリフォームしました。
2間の境の襖、敷居、欄間を取り払い
一体にすることで開放感が生まれます。

土壁の灰色がかった壁から、白の壁紙に変わったことで
お部屋もぐっと明るくなりました。
床の間のアクセントは紺色に、
天井壁紙はダークブラウンを選定、
柱や長押など古い木部の色との調和に配慮しています。
床の間脇の建具は和の趣きを残すため、
塗装し直して再利用しました。

After04

畳とフローリング

床の間のある8帖間を目積の半畳畳に、
6帖間はフローリング張りに仕上げました。
そのため畳とフローリング、それぞれのメリットを
使い分けて暮らすことができます。
目積畳は目の細かいいぐさ表です。
目の向きを交互にして並べることで市松模様に見え、
上質な和の空間を演出します。

照明器具選び

照明はお部屋の雰囲気を壊さぬよう、
リラックス時には電球色の明かり、
お子さんの勉強やお絵描きのなど
明るさが必要な時には青白い光の昼光色、
とシーンに応じてリモコンで切替えのできる
LEDのシーリングを提案しています。

電気配線

和室のよくあるお悩みは、襖・障子など建具面が多く、
電気配線のコンセントなどをつける壁がないこと。
そうすると遠く別の部屋から線を延長して引っ張り、
配線が長きに渡り露出してしまいます。
リフォームにあたり縁側の障子を狭めて一部壁を起こし、
新たにコンセントも増設しました。
コンセント・テレビ・インターネットは着工前に配線計画をします。
そうすることで電気配線も壁内にすっきりと納めることができます。

収納

幅や奥行があり物をついつい詰め込みすぎてしまう押入。
大容量の割に仕切りも無く、
広さを有効に利用するのは難しいのではないでしょうか。
そこで押入へはリクシルの《ヴィータスパネル》システム収納をご提案しました。
床側には高さのある季節家電など大型なものを、
その上の棚板は角を活用しやすいようにL型の配置になっています。
残り半分のスペースは洋服がかけられるようハンガーパイプを設置しました。
元々は2枚の引違い襖でしたが、3枚にして建具を製作しました。
開口可能な範囲を広くすることで、物の出し入れもしやすく改善しました。

ダイニングキッチン・玄関・応接室

インテリア雑誌もよくご覧になられ、ホバート常連のお客様のお宅でリフォーム工事のお仕事をさせていただきました。

ダイニングキッチン






要望

  • システムキッチンの作業台が昔ながらの規格で低かったため、
    身体にあった作業しやすいシンクに交換したい。
  • ダイニングとキッチンを隔てている吊戸棚を取り払いすっきりさせたい。
  • テクタ社のダイニングテーブル M21を置きたい。
 

改装内容

LIXILのセラミックトップのシステムキッチンを設置しました。
扉だけでなく、カウンタートップも
ダークグレーのシステムキッチンをセレクトされました。
壁には白い輸入タイルを張りシステムキッチンとのコントラストを効かせました。

工事後はドイツのブランド、テクタ社のダイニングテーブルM21と、
北欧の定番ルイスポールセンの照明を納品。
シンプルながらも殺風景にならない様ペンダントライトで彩りを添えました。


 

玄関






要望

  • 床のカーペットと布クロスが古くなったため、
    ビニルクロスとフローリングに材料を変えて一新したい。
  • 靴箱や縦格子のパーテーションの木部を塗装してきれいにしたい。
 

改装内容

床下の傷みにより床の傾きが激しかったため、
シロアリ駆除も行いました。
床組みから修繕するこの機会にしっかり断熱材も充填しました。

収納庫も取り払いスッキリと広い玄関ホールにリフォームしました。
昔ながらの赤いカーペット敷きから、
応接とのつながりを考え同じチーク材のフローリング張に変更、
土間のタイルも応接の扉にあわせ
クールな色使いにイメージチェンジ。

全体的に明るくスッキリとした玄関に様変わりです。


 

応接室




要望

  • テーブルを囲み仲間と集える部屋にしたい。
  • 親子ドアの雰囲気を変えたい。
 

改装内容

重厚感ある古いドアを新たにオーダーで製作しました。
細見のフレームにしてモールガラスを採用。
シンプルなデザインにしました。
開きのタイプの親子ドアを、片側は片引戸に変更し、袖側を開きタイプにしました。

お客様をお通しする空間なので
チーク材の無垢フローリングで高級感ある床材を張りました。
壁や天井のアクセントカラーにはグレーを使い落ち着きを出しつつ、
暗い印象にならないようにインテリアカラーを選びました。

フリッツハンセンの名作 セブンチェアは
グレーとホワイトのカラーをミックスで配置。
お家に眠っていたペルシャ絨毯も
リフォーム後の空間を更に格上げしてくれます。

伝統を受け継ぐ町屋の暮らし

yonago_y_p01

お茶の家元だった先代から受け継いだ伝統ある町屋。
白アリ被害が出た床下へ換気ファンを取付、
座板を張替と新畳取替をして改修していただきました。
立派な趣ある和室が見事に蘇りました。

yonago_y_p02
yonago_y_p03

廊下にはアクタスのガーデン家具、シアンベンチにオシャレなクッションたちが並んでいました。