職人の想い

MADE
IN
JAPAN
生産者の顔がみえる確かな素材を選別し、
一級畳技能士の資格をもつ熟練の職人が丁寧な手仕事で仕上げ、
一貫した生産管理体制のもとお客様に納品しています。
「新畳」「表替え」「裏返し」など、
ご要望とご予算に応じてきめ細かく対応させていただきます。

商品管理

畳表などの素材は、消費者庁および公正取引委員会の認定を受けた
「公正マーク」表示のある商品を取り扱い、厳しい商品管理体制を整えています。

工程

畳床づくり

お客様のお部屋の寸法に合わせた畳のレイアウトを計算し、コンピュータ管理のもと一枚一枚の畳床のサイズに自動裁断します。表替えの場合は、一枚一枚寸法補整を行います。

畳表の張り

裁断された床に、畳表を張っていきます。畳表の素材によって、張り具合の調整を行うのが重要です。

畳表の縫い上げ

畳床と畳表を縫着機で縫い合わせます。角の調整や細かな微調整は、職人の手で一枚一枚丁寧に行います。

縁の縫い上げ

縫着機で縁を両側に縫い付けます。縁の角を寸法通りにきちんと合わせ、縁の側面を縫い付ければ完成です。

仕上げ

仕上がりの厚み、寸法、張り具合を職人の目と手の感覚で最終確認します。一級畳技能士の厳しいチェックに通った商品がお客様の元に納品されます。敷いたときによい畳というのは、作業工程の要所要所における、職人の微妙な調整の技術が大きくものを言います。



ページトップへ